オフィス/学習塾/学校

  • オフィス/学習塾/学校
    生産性向上や作業効率化、またストレスケアに、嗅覚を利用した環境芳香がいま注目されています。
    天然100%のアロマテラピーは脳へと直接働きかけて、自律神経やホルモン分泌によい影響を与えることが最近の研究でわかってきました。健康的で清潔感あふれるレモンやオレンジの香りを使用した、アロマ研究では学習効率や集中力アップの実験結果が発表されるなどの化学的に証明されています。
  • 香りは、鼻や皮膚などから私たちの心身に働きかけます。感情や欲求といった情動を司る大脳辺縁系に香りの情報が伝わると、快・不快などの情動反応が生じます。そして、心地よいと感じる香りを嗅ぐと、視床下部が反応し、自律神経や呼吸など体内環境のバランスを維持することに役立ちます。
    AEAJアロマテラピーのメカニズムより

エッセンシャルオイルを特殊な手法を使用しそのままの品質で芳香することで空気中のバクテリアを軽減する抗菌効果もあり、空気のリフレッシュにも繋がります。アロマテラピー(嗅覚反応)があるだけで、目に見えない清涼感や明るさが演出できます。例えば、レモン、ユーカリやラベンダーのスッキリした香りは、カビ、バクテリア殺菌や消臭を兼ねています。

  • 質の良い香りで、敏感な感覚である嗅覚へ働きかける
    心地よい香り空間で過ごす時間は、実際の時間を短く感じさせるという効果、疲労感を軽減する効果があり、集中力を持続させることができます。またリラクゼーションの時間と、集中しなければいけない時間を香りにより調整するなど、目に見えない「嗅覚」を利用した生理反応を操作することが可能です。

香り空間を導入するメリット-ストレス軽減と環境改善

ストレスチェックでの環境改善対策としてのアロマ環境芳香

アロマクルールは、働く方全ての方へのヘルスケア・メンタルケアの対策として、アロマ環境芳香をご提案します。 アロマテラピーのある環境は、ストレスチェック後の対策はもちろんのこと、従業員の健康をヘルスケア、メンタルケアの両面からサポートし、疲労感の軽減やストレスの軽減を行うことで、生産性向上へとつながります。

ヘルスケア専門家との連携サポート

  • 活力に満ちた職場は、社員の健康づくりから。日本を支え最前線で活躍しているみなさんの健康を、病気の治療ではなく、予防する仕組みをつくることで支えたい。活気あふれる、生産性の高い職場を実現するため、“社員の心と体の健康で、経営を支える体制づくり”を、一緒に取り組んで行きましょう。
     代表理事振本恵子
【Profile】

看護師・看護教員・メンタル心理カウンセラー・上級心理カウンセラー・心理相談員(中災防)・産業保健指導(中災防)・ストレスチェック実施者・県立広島大学大学院 保健福祉学専攻修士課程

実際の導入事例はこちら
Copyright © 広島アロマ空間デザインAromaCouleur-アロマクルール- All rights reserved.