香り空間とは
 ブランディング戦略、マーケティング戦略そして環境改善のツール

香り空間とは、『香り』を香らせることで、空間を演出したり、環境を改善したりすることです。 特に、植物から抽出した天然100%アロマテラピーの香りによる演出は、「上質感」「特別な空間」「清潔感」を同時に演出でき、単なる癒しだけにとどまらず、その薬理成分は様々な恩恵を与えてくれます。

視覚的にどんなに素晴らしい空間でも、匂いが悪いと、一刻も早く立ち去りたくなり、もう行きたくない場所として印象に残ります。なぜなら、それは五感の中で『嗅覚』が人間の本能に一番近い感覚だからです。嗅覚は、良しも悪くもそれだけインパクトに強く記憶に残るのです。

今、この香りを利用した「香りマーケティング」や「香りブランディング」が注目されています。

香り空間デザインの特徴

  • 特徴1.高級感・空間のグレードアップとホスピタリティの向上
    目に見えない香りには一瞬にしてその場の雰囲気を変える力があります。インテリアを揃え、絵を飾り、花を飾り空間を演出する視覚的なコーディネートと同じように、「香り」をとりいれることは本能に直結した臭覚を刺激し、五感に訴えかけるさらなる空間のグレードアップを行うことが可能です。
    視覚、聴覚の演出に加え、香りの演出を加えることで記憶に深く残る特別な演出が完成します。

    こんな企業・お店に

    ホテル

    結婚式場

    美容サロン

    ショールーム

    バー

  • 特徴2.空気清浄機能による清潔感と空気環境改善
    精油には真菌、細菌、ウィルスなどの微生物に対し、制菌効果を持つことが知られており、ティーツリータイムを用い空中浮遊微生物に対する制菌効果試験実施され、細菌の減少が確認されています。
    空気環境をよくすることで、清潔感を実現し、生産性効率を上げる快適な環境が完成します。

    こんな企業・お店に

    ホテル

    医療施設

    介護施設

    オフィス

    公共施設

  • 特徴3.香りによるストレス緩和と生産性向上
    「香り」はストレスに対し非常に効力を発揮します。香りに満たされた空間では、苛立ち、ストレス、落ち込み、無気力などのネガティブな精神状態を脱するためのサポート効果があり、幸福感、リラックス、高揚感、官能性のようなポジティブな感情を高めることができます。
    天然のアロマテラピーによる芳香は、疲れや眠気などの対策に優れており、生産性の向上、またメンタルケアサポートとして、心の健康対策、メンタル不調への予防策として注目されています。

    こんな企業・お店に

    オフィス

    学習塾

    学校

    公共施設

導入パターンご紹介

導入のメリットへ
Copyright © 広島アロマ空間デザインAromaCouleur-アロマクルール- All rights reserved.